2018年09月30日

講演会のお知らせ

建築学会シンポジウム「食空間のイノベーションと都市」
日本建築学会では毎年秋にいろいろな市民向けの催し物をしていますが、食に関するシンポに登壇します。
僕は建築家の立場から「食堂付きアパート」や食にまつわる小さなシェア空間の実践例について話をします。
日時|10月5日(金)18:00〜20:30(開場17:30)
場所|建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
受講|無料・事前申込制 → 詳細・申込み
主催|日本建築学会


「脱住宅 居住システムの新たな提案」
山本理顕氏との著書『脱住宅』を巡り、事例紹介と共にこれからの住宅について山本氏と議論するような内容です。
日時|10月19日(金)17:00〜19:00
場所|リビングデザインセンターOZONE
   (東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー)
受講|有料・事前申込制 → 詳細・申込み
主催|リビングデザインセンターOZONE
posted by naka studio at 12:31 | 出展・講演

2018年06月24日

ソウルでの展覧会【グム(線)】

ソウルに来てます。
「グム(線)」というタイトルの展覧会が始まりました。
_展覧会集合写真t.jpg

続きを読む
posted by naka studio at 01:59 | 出展・講演

2018年02月22日

レクチャーのお知らせ

【再掲】
日経メッセに合わせて、グッドデザイン賞審査委員として、レクチャーをいたします。
すでに150名以上の応募があるとのことですが、もうすこし募集しているとのことです。

「集合住宅はこういうあり方になって行くのではないか/行くべきではないか」というところを、グッドデザイン賞の受賞事例や自作などを通じてお話しします。また、海外の先端的な取り組みも引き合いにしながら、これらの試みを俯瞰的に述べようと思います。
特に後段はヴェネチア・ビエンナーレの日本館展示に出展(2016年)したことを契機にして、各国の取り組みをじかに知ることになったのですが、その後のVitraDesignMuseumでの「Together!」展出展や実際に現地で見てきた事例もあわせて紹介しようかなと思います。←まだあんまりしゃべっていない内容ですw

タイトル 「グッドデザイン賞から見る集合住宅のこれから」
日時 3月9日(金)13:30〜15:00
会場 ビッグサイト会議棟6F
受講料 無料・事前申込制
主催 日本デザイン振興会
協力 日本経済新聞社

詳細・申込みは → こちら
posted by naka studio at 00:00 | 出展・講演

2018年02月07日

「食堂付きアパート」見学会+トークイベント

TOTOギャラリー・間にて、ビエンナーレの帰国展が始まっていますが、2月25日(日)、特別企画「食堂付きアパート」見学会+トークイベントがあります。
先着30名です。
詳細や申込みは → こちら

見学会は、いくつか住戸内も見られる予定。
トークイベントでは、オーナー/クライアント(椛沢さん)、住人(植原さん)と一緒にお話をします。このお二人、とても冒険好きで、オープンで、楽しいひとたちです。「食堂付きアパート」の現在とこれからについて、街との関係も含めてお話しすると思います。どんなお話が聞けるのか、僕も楽しみです。
ご参加をお待ちしてます!
もちろん、乃木坂のギャラリー・間での展覧会もお越しください。
建築界隈の人以外にも見てほしい内容だと、思います。
posted by naka studio at 00:28 | 出展・講演

2018年01月24日

ヴェネチア・ビエンナーレの帰国展

ヴェネチア・ビエンナーレの帰国展が始まりました!
「en[縁]:アート・オブ・ネクサス-第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展が、乃木坂のTOTOギャラリー・間に出展しています。
2018_en_art_of_nexus_002.jpg



続きを読む
posted by naka studio at 00:00 | 出展・講演

2017年06月02日

VitraDesignMuseumでの展示

Together! The New Architecture of the Collectiveと題された展覧会がVitra Design Museumで始まります。会期は9月10日まで。
「食堂付きアパート」が詳細展示されていることもあって、オープニングイベントに出席してきました。
V11.jpg


続きを読む
posted by naka studio at 00:00 | 出展・講演

2016年05月29日

ヴェネチア・ビエンナーレ雑感

アラヴェナによる総合テーマは“Reporting from the front.”
戦争、難民、格差、住宅難、気候変動などに対して建築は何ができるかを報告せよ、という。はしごの上に登る女性の写真は、ナスカの地上絵の研究者。ひとつひとつの試みが全体として大きな像をなしているはずだという考えを現したもの(だと公式ページに書いてあった。)日本館のテーマはアラヴェナのこのステートメント以前に決まっていたと聞く。日本館の中でもさまざまなプロジェクトが並列された。展示空間の離散的な場のあり方とも相まって、総合テーマに対して、的を射た展示戦略だったと思う。
DSC04215_S.jpg


en_venice-3626t.jpg



続きを読む
posted by naka studio at 00:00 | 出展・講演

2016年05月28日

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展開幕

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展が開幕。
仲建築設計スタジオは、日本館の出展作家として参加し、「食堂付きアパート」を展示。
建築展としては初めて、日本館は審査員特別表彰を受けた。


index1.jpg



続きを読む
posted by naka studio at 00:00 | 出展・講演