2019年06月14日

『2つの循環』出版のお知らせ

仲俊治初の単著となる『2つの循環』がLIXIL出版の「現代建築家コンセプト・シリーズ」として出版されます。
『地域社会圏主義』(山本理顕・末光弘和・松行輝昌との共著)、『脱住宅』(山本理顕との共著)を経て、自然環境との関係も加えた建築思想を展開した本です。
目次、概要は → こちら
編集者の飯尾次郎さんと2年以上掛けてつくってきた本で、発売は6月25日です。お手にとって頂ければ幸いです。

表紙画像:コンセプト26仲俊治.jpg
posted by naka studio at 00:25 | 掲載・出版

2018年05月16日

『脱住宅』書評まとめ

『脱住宅』(山本理顕・仲俊治著、平凡社、2018)の書評をいろいろ頂いています。
続きを読む
posted by naka studio at 00:00 | 掲載・出版

2018年05月15日

「環境をつくる住まい」

デベロッパーのWEBサイトのコラムに取り上げられています。
http://clio-ownersclub.jp/kankyo/
posted by naka studio at 00:00 | 掲載・出版

2018年04月01日

最近の取材・掲載(WEB媒体)

五本木の集合住宅の竣工や、『脱住宅』(山本理顕さんとの共著)の出版などを契機に、WEB媒体などからの取材を頂いています。
続きを読む
posted by naka studio at 18:15 | 掲載・出版

2018年02月23日

『脱住宅』出版

山本理顕さんとの共著『脱住宅』が3月7日に平凡社から出版されます。
なんていう方法だったかわかりませんが、モノクロページと絶妙な感じで混ぜているので、一見すると、フルカラー本みたいです。装丁・DTPは岡本健さん。
全256ページ。それなのに2800円。写真の多くは撮り下ろしです。
文章は山本さんも僕も当然ながら新しく書いたものばかりで、かなり具体的なことを書いていまして、非場所的アソシエーションに対する批評が通底しています。
担当文量は共著というにはおこがましい感じではありますが、足かけ3年(正確には2年11ヶ月)かけました。
ご笑覧頂ければ幸いです。
平凡社のページ
DJ.jpg

posted by naka studio at 00:00 | 掲載・出版

2018年02月20日

住宅特集2018年3月号に掲載

「写真家のスタジオ付き住宅」が、新建築住宅特集2018年3月号に発表させてもらいました。
表紙です!ご意見、ご批評頂ければ幸いです。
解説動画はこちらでご覧頂けます。
JT_1803L.jpg

posted by naka studio at 21:32 | 掲載・出版

2018年02月01日

新建築2018年2月号に掲載

五本木の集合住宅を、新建築2018年2月号にて発表させて頂きました。
ご意見、ご批評を頂ければ幸いです。
SK_1802.jpg

posted by naka studio at 00:00 | 掲載・出版

2017年01月12日

「今こそ読むべき名著」

日経アーキテクチュア「今こそ読むべき名著」の第12回に拙稿が掲載されています。
「江戸名所図会」を取り上げました。
おなじく卒論で用いた資料の一つに「江戸図屏風」があって、こちらの方が絵としては賑やかなのですが、書物ということだったので、とか「江戸名所図会」にしました。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldcolumn/15/00013/121900023/
posted by naka studio at 17:29 | 掲載・出版